妊活中の冷え性を改善!気を付けたい生活習慣と食事

冷え性,妊活,改善

妊活中は栄養面や精神面、身体面において様々な事に気を配る必要があります。

 

特に気を付けなくてはならないのが、冷え性です。冷え性は筋肉が少ない女性がなりやすく、血管が収縮するため手足の先まで血液が行きにくく、冷え切ってしまう状態の事を指します。冬に感じることが多いのですが、近年では冷房機器の普及で、夏にも冷えてしまうことがあります。

 

体が冷えると、低体温になることがあります。低体温は平熱が36度未満の事を指しますが、体温があまりに低いと、免疫力や基礎代謝が下がって太りやすくなります。妊活中は太りすぎても痩せすぎても良くないため、体温を36.8度程度に挙げておかなくてはなりません。また、血液は妊娠する際に大切な、卵巣や卵子、子宮に影響してきます。血流がわるくなると、子宮の機能も働かなくなるので受精しにくくなってしまいますし、卵巣近くの血流が悪ければ卵子がうまく育たなかったり、排卵に影響が出たりしてしまいます。
女性だけでなく男性にも精子の劣化など影響が出ることがあるので、夫婦で気を付けることが大切です。

 

冷え性を改善するには、生活習慣と食事を見直すようにします。
まず子宮と卵巣部分は冷えると一番影響が出てしまう部分であるので、冷やさないことが大切です。夏であっても腹巻を使用したり、ひざ掛けでガードするようにします。首とつく部分を温めるのも効果的です。手首や足首は靴下やアームウォーマーでガードするようにします。また、お風呂はシャワーで済ますのではなく、きちんと入浴することが大切です。ぬるめのお湯で良いのでゆっくりとつかり、全身の血行を良くするようにします。
この他、運動を行うことも大切です。血のめぐりをよくするのはヨガやウォーキングです。特にウォーキングの場合は下半身を動かすので、卵巣部分の血流も改善することができます。冷えはストレスからくることもありますが、運動をすることによってストレスも解消することができます。
食事においては、3食きちんと食べることが重要です。朝を抜いてしまうと1日体温が上がらず血流が悪い状態が続いてしまいます。温かいスープだけでも口にするようにします。
食材においては、しょうがや玉ねぎ、カボチャ、玄米、にんじん、りんごがあります。トマトやきゅうりといった夏野菜やバナナ、白砂糖、化学調味料が多い食べ物は体を冷やしてしまうのでできるだけ控える様にしましょう。また、飲み物に関しても飲酒は控えめにし、温かいほうじ茶や紅茶を飲むようにします。

 

次は、冷え性に効果的な生姜の上手な食べ方